生活

ボディーヒーターの素材や評判調査!ヒートテックとの比較で考えるべきこと

投稿日:2016年11月26日 更新日:

こんにちは、コトの壺です。暖か肌着はヒートテックだけかと思いきや、セブンプレミアムからもボディーヒーターなるものが発売されています。ヒートテックとどこが違うのでしょうか。2つの比較と、実際に着てみた感想も含めて検証してみました。

 

 

スポンサーリンク

 

ボディーヒーターの素材は何で出来ている?

「ボディヒーター婦人8分袖シャツ」を例に、何でできているのか見てみましょう。

レーヨンが35%と一番多く、続いてポリエステル30%、綿30%、ポリウレタン5%でできています。

繊維メーカーの東レが開発した素材を使用しているので、よい着心地が期待できそうですね。

 

ボディーヒーターの評判や口コミは

実際に使った人の声を聞いてみると、「肌触りがなめらかで気持ちいい」、「汗をかいてもすぐに乾いてサラサラ感が続く」といった声が見られました。

私も実際に触ってみましたが、確かにさらっとした手触りで気持ちいいです。伸縮性のある生地ですが、体にしっかりフィットする感じではなく少し余裕があります。丈が少し長めなので、しゃがんでも下着が見えることはありません。

 

 

ヒートテックとの比較で迷ったら

「購入するときに定番のヒートテックと迷ったら?」

 

3つの選択ポイントがあります。
まず化繊のみでできているか、天然素材も使われているかという違いが大きいです。綿が使われているボディヒーターは肌触りが優しく、着た瞬間もヒヤッとしないのが特徴です。

汗の吸収や乾きやすさにも差があります。レーヨンが多く含まれているので汗の吸収率が下がる心配がありますが、そこを綿がカバーしていて、暖房の効いた部屋でもさらっとした着心地のままでいられます。

また、レーヨンは吸湿して発熱する性質があるので、それを多く含むボディーヒーターは冷え性に悩む女性に向いていると言えます。

 

ヒートテックでも言えることですが、使用されている素材であるレーヨンの性質上、吸水性が高いが故に乾きにくいという点もあり、冬場に多く汗をかくスポーツなどでの使用はかえって汗冷えを起こしやすいということも言われています。どういうときに着るのか?という点も含めて上手に日常生活に取り入れていくといいですね。

 

【まとめ】

・ボディーヒーターは天然素材が入っていることにより、ヒートテックより手触りがいい

・汗の吸収にも効果的

・体温が低く、肌への刺激が気になる人向け

・股上の浅いボトムスを愛用している人も安心して使える

 

関連記事

ヒートテックは本当に暖かい?素材的なデメリットを使用者視点で挙げてみる

 

スポンサーリンク

-生活

執筆者:

こちらの記事も読まれています

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

macbook-336704_640

ブルーライトメガネでも可愛いおしゃれなブランドを選びたい人へ

こんにちは、コトの壺です。今や日常生活に必要不可欠とも言えるスマホやパソコンですが、その画面からは常にブルーライトが出続けています。強いエネルギーを持つこのブルーライト、最近の研究で長時間浴び続けると …

kiwifruit-400143_640

ゴールドキウイと緑のキウイの成分や効果の違いは?ビタミンCに着目

ダイエットにもいいとされる健康食イメージの強いキウイですが、最近では、果肉が従来の緑色でなく、黄色いキウイもよく目にするようになりましたね。他にもいくつか微妙な違いのあるキウイが売られています。ここで …

cherry-653247_640

桜茶の入れ方作り方!おいしさと効能を引き上げる一工夫とは

湯呑みの中で愛らしい薄紅色の花びらが少しずつ開いていく様子が楽しい桜茶。おめでたい結納のお席などでよく利用されますが、桜の季節でなくても満開の姿を連想させてくれる、日本ならではの趣あふれるものです。こ …

t-shirt-1524677_640

しまむらファイバーヒートの素材や口コミは?ヒートテックとの比較で考えるべきこと

こんにちは、コトの壺です。幅広い商品がとても安く手に入るしまむら。しまむらから「しっとり」と「ふんわり」がポイントのファイバーヒートが発売されています。暖か肌着の代名詞とも言えるヒートテックとの差はあ …

stack-of-books-1001655_640-1

【年末年始】一人ぼっちで過ごす時に最適なオススメ本3選

こんにちは、コトの壺です。年末年始の時期。お休み期間が短い方やお仕事の方はなかなか実家に帰れない方も多いのではないでしょうか?でも一人ぼっちはマイナスではありません。自分を見つめ直すいい機会と捉えて新 …