ハリーポッター

【ファンタスティックビースト】原作のあらすじと内容は?

2016/12/05

eagle-owl-377192_640

ハリー・ポッター新作映画「Fantastic Beasts And Where To Find Them(邦訳「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」)が2016年11月23日から日本でも公開されています。ホグワーツ指定教科書がその原作ですがどのような内容なのかここであらすじを見ていきます。

スポンサーリンク

 

ホグワーツ指定教科書「幻の動物とその生息地」の内容とは?

・アルバス・ダンブルドアのまえがきで始まる(サインが達筆!)

・ハリー、ロン、ハーマイオニーの落書き付き

・まえがき、序論、魔法省分類、幻の動物事典の4項目で構成されている

・約80種の幻獣の生態・危険性・取り扱い方等が明記

要は教科書というくらいなので別に物語でもなんでもないんです。

動物図鑑みたいなものです。

ただ、読んでおいたほうがより映画も楽しめます。

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』はこの教科書を作ったニュート・スキャマンダーのアメリカ魔法界での冒険のお話になります。

 

【ファンタスティックビーストと魔法使いの旅】公開日とキャスト一覧

 

幻の動物事典の幻獣は80種!

・アクロマンチュラ

・アッシュワインダー

・オーダリー

・バジリスク

・ビリーウィグ

ボウトラックル

・バンディマン

・ケンタウルス

・キメラ

・チズパープル

・クラバート

・クラップ

デミガイズ

・ディリコール

・ドクシー

・ドラゴン

・タグホッグ

・エレクリング

・エルンペント

・フェアリー

・ファイア・クラブ

・フロバーワーム

・フウパー

スポンサーリンク

・グールお化け

・グランバンブル

・ノーム

・グラップホーン

・グリフィン

・グリンデロー

・ヒッポカンポス

・ヒッポグリフ

・オークランプ

・インプ

・ジャービー

・ジョバーノール

・カッパ

・ケルピー

・ナール

・ニーズル

・レプラコーン

・シフォールド

・ロバラグ

・マックルド

・マラクロー

・マンティコア

・マーピープル

・モーク

・ムーンフーフ

・マートラップ

二フラー

・ノグテイル

・ヌンドウ

オカミー

・フェニックス

・ピクシー

・プリンピー

・ポグレビン

・ポーロック

・パフスケイン

・クィンタペット

・ラモラ

・レッドキャップ

・リーエム

・ルーンスプール

・サラマンダー

・シーサーペント

・シュレイク

・スニジェット

・スフィンクス

・ストリーラー

・ラボ

・トロール

・ユニコーン

・ウェアウルフ

・ウィング・ド・ホース

・イエティー

これだけの幻獣について記載されています。

昔からいるとされる幻獣もいればJ.K.ローリング氏オリジナルの動物もいます。

3部作とはいえこれだけの動物を映画に出すのはさすがに無理でしょうけど、一度読んでおくと映画が更に楽しめますね。

ハリー・ポッターシリーズにも出てきた動物たちもいますよ。

余談ですが、日本の河童も載っています。

赤字で記してあるものが映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に登場します。このほか、

スウーピング・イーブル、サンダーバード、ビリー・ウィグが登場します。

 

 

 

 

まとめ

・教科書「ファンタスティック・ビースト・アンド・ホエア・トゥ・ファインド・ゼム(幻の動物とその生息地)」は幻獣事典であり物語ではない

・記載されている幻獣は約80種

 

関連記事

【ファンタスティックビーストと魔法使いの旅】声優とキャストを一覧化!

【ファンタスティックビースト】ニュートスキャマンダーの声優は宮野真守!

【ファンタスティックビースト】クラスの名前や特徴一覧!動物の意味とは

ハリー・ポッターの杖の種類や大きさ、素材の意味など一覧化!

ハリー・ポッターホグワーツ指定教科書の学年別一覧

スポンサーリンク

-ハリーポッター