ハリーポッター ファンタビ 映画

ファンタスティックビーストからハリーポッターにつながる伏線を見てみた!

投稿日:2018年9月17日 更新日:

ハリーの時代から約70年前が舞台の「ファンタスティック・ビースト」シリーズ。ハリー・ポッターシリーズのスピンオフ作品と位置づけされていますが、ハリーポッターを見たことがなくても楽しめるものとなっています。

それでもやはり世界観はハリーポッターと共通しているものがあるので、 そこかしこにハリー・ポッターにつながる伏線が隠されています。

ここではファンタスティック・ビーストをもっと楽しむため、ハリーポッターにつながる伏線を見てみましょう。

スポンサーリンク

ハリー・ポッターとニュートの繋がりは?

ハリー本人とニュートには親戚であるなど、血統の繋がりはありません。 またハリーの先祖がニュートと知り合いである、という繋がりもないようです。

ハリーの世界でニュートが関連しているのは、ハリーがホグワーツの1年生だった時に使用していた教科書、「幻の動物たちとその生息地」の著者であるということ。

もう一つ、ニュートはハリーポッターシリーズの後半で重要な役割を担うルーナ・ラブグッドと結婚した魔法動物学者、ロルフ・スキャマンダーの祖父にあたります。

ニュート本人の姿がハリー・ポッターシリーズ上で見られるシーンはありませんが、実はニュートはハリー・ポッターシリーズの中ではゲームのカードの中に登場していたり、ハリーの時代のホグワーツの校長であるダンブルドアの部屋にニュートの肖像画が飾られていたりします。

この他にも「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では「忍びの地図」上にニュートの名があったりと、本人の姿ではなくてもちょこちょこ現れているんです。探してみると楽しいかも。

ファンタスティックビーストとハリーポッターの関係は?時系列や関連教科書をチェック

 

魔法動物繋がりはあるの?

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」にて印象的な姿を披露したヒッポグリフ。大きな翼を持ち、上半身は鷲、下半身は馬の姿をした魔法動物です。

とても誇り高い生き物で、彼らと接する時に礼儀作法を欠くと危険を伴うこともあります。物語中でハリーになつき、ハリーの背中に乗せて飛行するなど、ちょっと可愛いらしく思える姿も見せていました。

魔法動物学者であるニュート・スキャマンダーの母親が、実はこのヒッポグリフのブリーダー。ニュートが魔法動物に興味を持ったのも母の影響とか。

 

ダンブルドアとグリンデルバルドも…

ヴォルデモートが現れるまで最強の危険な闇の魔術師と言われていたグリンデルバルド。

ファンタスティック・ビーストの時代ではまだヴォルデモートは登場しておらず、グリンデルバルドが最悪と言われる魔術師であり、 彼が事件の黒幕となっています。

グリンデルバルドは「ハリー・ポッターと死の秘宝part1」に幻影の姿で登場し、死の秘宝の一つでもあるニワトコの杖のありかをヴォルデモートに告げています。(原作では杖のありかは明かしていません。)

若き日のダンブルドアはグリンデルバルドに非常に惹かれた時期があり、それは血の誓いを交わすほど。作者のJ.K.ローリングによればダンブルドアはグリンデルバルドに恋をしていたとしています。

 

死の秘宝の伏線もあるよ

ハリー・ポッターシリーズで出てくる死の秘宝。これがそのままファンタスティック・ビーストに出てきます。

作中の「吟遊詩人ビードルの物語」に書き込んであった印で、ルーナの父親が首に下げていたペンダントも同じでしたね。

この印は「吟遊詩人ビードルの物語」にある「3人兄弟の物語」に出てくるニワトコの杖、蘇りの石、透明マントの3つのことを表したもので、これら3つを手にしたものは死に打ち勝つとされています。

正三角形が透明マント、円は蘇りの石、真ん中の線はニワトコの杖を表します。

この印、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のパンフレットにしっかり載っています。誰がこの時代、死の秘宝を探していたのかがわかります。作品中でもこのペンダントを持っている人がいるので注意して見てみてくださいね。

ちなみにブルガリアの杖作り職人であるグレゴロビッチからグリンデルバルドがニワトコの杖を奪ったシーンが「ハリー・ポッターと死の秘宝part1」に描かれています。

 

ナギニの過去も

ヴォルデモートの分霊箱の一つで、いつもヴォルデモートの側にいた大蛇のナギニもファンタビ2作目「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」に登場します。この頃はヴォルデモートは存在しません。

ナギニはマレディクタスで大蛇に変身する人間として登場します。

マレディクタスとは、その身に〝血の呪い〟を宿し、獣に変貌する宿命にある者のことをいいます。いずれは自分を失い獣として生きていかなければならない宿命にあります。

ナギニの祖先が人間だったのか自分が人間だったのか定かではありませんが、ヴォルデモートのペットになるまでの経緯も今後わかってきそうです。

【ファンタスティックビースト】クリーデンスとナギニ(蛇)の関係!彼女は兄弟なの?

ニコラス・フラメルも

アルバス・ダンブルドア校長の友人、ニコラス・フラメルもファンタビ2作目「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」に登場します。この当時600歳。映画の中で、フラメルの家にハリー・ポッターで重要な要素となる賢者の石がちらっと出てきます。

 

まとめ

・グリンデルバルド、死の秘宝、ホグワーツの教科書、ナギニなどにハリー・ポッターシリーズへの布石が打たれている

 

伏線が映画の至る所に隠されているようです。隠された伏線を探すのも、シリーズものの楽しみのひとつですよね。

ここで紹介したものの他にも、まだまだあるかもしれません。ファンタスティック・ビースト2作目が公開されましたのでこの期に伏線を洗い出してみるのも楽しいいと思います。

参考

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅-wikipedia

ファンタスティック・ビースト公式サイト

ハリー・ポッターシリーズ-wikipedia

関連記事

ファンタスティックビーストの地上波テレビ放送日はいつ?【随時更新】

【ファンタスティックビースト】続編はいつ?公開日とキャストをチェック

【ファンタスティックビースト】吹き替え声優とキャストを一覧化!主人公は誰?

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

-ハリーポッター, ファンタビ, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【スターウォーズ最後のジェダイ】エピソード8吹き替え声優とキャスト一覧!

2017年12月に公開予定のスター・ウォーズエピソード8『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。今度はどんな展開になるのか、ファンは予想しながらまだかまだかと待っているところだと思います。 もちろん新し …

【パイレーツオブカリビアン最後の海賊】海外の反応や感想をまとめてみた!

日本公開が2017年7月1日(土)に迫っているパイレーツ・オブ・カリビアン5作目の『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』。ひと足早く海外では公開されていますが、その評判、気になりますよね。 そこ …

【もののけ姫】タタラ場の舞台は島根!内部は小樽の鰊御殿がモデル

1997年宮崎駿監督映画『もののけ姫』。20年以上たってもその魅力は色あせることはありません。見事なタタラ場もその1つですね。 タタラと聞けば島根(出雲)が思い浮かびますが、実は舞台となった場所は島根 …

【名探偵コナン純黒の悪夢】声優を一覧化!テレビ放送日や感想もチェック

映画『名探偵コナン 純黒の悪夢』が最新作『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』の公開に先立ち「金曜ロードSHOW!」に登場します。ゲスト声優に天海祐希さんを迎えたことでも話題になった今作の見どこ …

【ゴールデンウィーク2017】おすすめ映画を洋画・邦画・子供向け別にチェック

2017年もいよいよ待ちに待ったゴールデンウィークが近付いてきました。そこで今回はゴールデンウィークにぜひとも見ておきたいおすすめ映画を洋画、邦画、子供向けの三つのジャンルにわけてご紹介していきます。 …