映画

宮崎駿がNスペに!CG短編『毛虫のボロ』制作裏の放送日時と上映館

2017/03/14

こんにちは、コトの壺です。NHKスペシャルで宮崎駿監督が特集されます。2013年公開映画『風立ちぬ』をもって長編制作引退を発表されたわけですが、CG短編映画『毛虫のボロ』を現在製作中とのこと。CG作品制作舞台裏にNスペが密着しています。放送日時や上映館をみていきますね。

スポンサーリンク

 

NHKスペシャル『終わらない人 宮崎駿(仮)』放送日&時間

NHKスペシャル『終わらない人 宮崎駿(仮)』

放送日:2016年11月13日(日)

放送時間:21:00〜21:49

放送局:NHK

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161113

 

『毛虫のボロ』はいつ公開?上映映画館はジブリ美術館『土星座』

短編映画『毛虫のボロ』は一部CG、一部手描きの12分作品と言われています。宮崎駿監督初のCG短編作品になります。

制作には3年はかかるとも言われています。

ああ、そうかも。

映画『風立ちぬ』の関東大震災のシーン、4秒のカットで1年3ヶ月かかったと言われていますから。短編だろうと、観客が心を動かされる作品をつくるとなると、やはりこれくらいはかかるんだと思います。

関東大震災のシーンもたった4秒の中に、主人公やそれを取り巻く人々とは関係のない一般の人たちの日々流れ行く生活の一端が描かれていて、こういう普通のことをきちんと描かないと、主人公のドラマがチープになってしまうんだろうなと。

それは宮崎駿監督の作品に限らずいえることで、映画にしろ、小説にしろ、漫画にしろ、絵本にしろ、基本的に「嘘」「空想」の世界なわけで、ノンフィクションですら、「実際起こったこと」と「読み手」の間には「本」「著者の意思」という媒体が存在していて、「読み手の現実」ではないことから、やはり「空想」の部分が多少なりとも入り込んでくると思います。「嘘」とか「空想」の部分を引き立てるにはやはり、普通のことを普通に描くというのが大切なのだと思うし、大変なんだと思います。

 

スポンサーリンク

 

CG短編映画『毛虫のボロ』の公開日は未定です。

NHKスペシャル『終わらない人 宮崎駿(仮)』は2年間にわったて行われたNHKの取材をまとめたもので、『毛虫のボロ』の制作には少なくとも3年ほどはかかるとみられているので、早くても1年後ぐらと予想されます。

上映館はジブリ美術館映像展示室『土星座』が予定されています。

三鷹の森ジブリ美術館は予約制です。ローソン(店頭Loppi、ネット、電話予約)でチケット購入ができます。

 

三鷹の森ジブリ美術館公式サイト

http://www.ghibli-museum.jp/

参照

http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20160105/E1451954547832.html

 

まとめ

・宮崎駿のNスペ特集は2016年11月13日(日)21:00〜21:49

・CG短編映画『毛虫のボロ』は三鷹の森ジブリ美術館の映像展示室「土星座」

・チケットはローソンで購入

 

関連記事

【メアリと魔女の花】原作のあらすじを確認!登場人物も一覧にしてみた

【メアリと魔女の花】声優一覧!公開日と登場人物も一緒にチェック

【ひるね姫】森川ココネの吹き替え声優は高畑充希!神山健治最新作映画

【ファンタスティックビーストと魔法使いの旅】声優とキャストを一覧化!

スポンサーリンク

-映画