生活

【年末年始】一人ぼっちで過ごす時に最適なオススメ本3選

投稿日:

stack-of-books-1001655_640-1

こんにちは、コトの壺です。年末年始の時期。お休み期間が短い方やお仕事の方はなかなか実家に帰れない方も多いのではないでしょうか?でも一人ぼっちはマイナスではありません。自分を見つめ直すいい機会と捉えて新しい年に臨むのも素敵な年末年始の過ごし方です。そんな時に最適なオススメ本を選んでみました。

 

スポンサーリンク

松下幸之助 成功の金言365

新年から超プラス思考で行きたい人にオススメです。

松下幸之助さんは、超プラス思考で人生最後の瞬間まで生きました。出会った人は、みんな師であり、素直な心で人の意見を聞き、人を大切にしていた人の哲学的な言葉です。

これを読むと一年間頑張れるような気がします。

本当は金言365+1となっています。

 

 

戦国の尼城主井伊直虎

2017年の大河ドラマの主人公の井伊直虎の話です。

最近、井伊直虎がやはり、男の人だったみたいな話も出てきているほど話題になっている歴史上の人物です。大河ドラマを見る予習としていいですし、話のネタにも使えそうです。

女の人なのに戦にも出て行き、城を守り通したとされています。

本とドラマの違いを比べても面白いと思います。

 

 

みかづき

2016年この本を読んでよかったと言う声が続出した本です。

森 絵都さんが5年ぶりに書いた長編小説です。

昭和36年からの話で、塾講師に人生をかけた家族の話です。内容を書いてしまいますとネタばれになってしまいますので書けませんが、阿川佐和子さん、北上次郎さん、中江有里さん等も絶賛しています。

共感できる、感動した等の声が多く見られます。

塾講師経験者や塾に通っていた人は、この本を読んだときに誰に自分を重ねてしまうか楽しみでもあります。

 

 

まとめ

この3冊以外にも話題になった本や心に響く本はたくさんあります。書店に行かれて手が吸い寄せられような本に出会えるとしめたものです。

 

皆様にとって来年も素敵な年でありますように。

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヒートテックは本当に暖かい?素材的なデメリットを使用者視点で挙げてみる

冬の肌着といったらヒートテックという人が多いのではないでしょうか?みんな持っているけど、あんなに薄くて本当に暖かいの?と疑問に思う人もいるでしょう。そこで今回は素材からヒートテックに迫ります。 &nb …

桜餅の関東と関西との違い!作り方や材料も見てみよう

日本は、東日本と西日本で大きな文化の差があります。芸能や書などに限らず、食文化にもかなりの差があるってこと、ご存知でしたか? よくいわれるのは、お雑煮の違い。東日本は澄まし雑煮、西日本は味噌雑煮なんて …

プリンターのインクが高いので節約術と安く買う方法を調査してみる

こんにちは、コトの壺です。年の瀬に年賀状の印刷をしていて、プリンターのインクが切れた経験がありませんか?家電量販店でその値段の高さに驚いて、思わずネットで安いものを探した人もいるのではないでしょうか。 …

no image

パックご飯はそのまま食べれる?保存期間や保管場所もチェック

通常はレンジで温めていただくパックご飯。便利で愛用している方も多いと思いますが、仕事などで疲れ果てているときや体調が悪くて寝込んでいるときなど、温めることさえ億劫な時もあるかと思います。 そこで果たし …

桜の塩漬けはスーパーで売ってる?どこで購入可能なのかをまとめたよ

日本人にとっては、桜がなければ春が始まらない、という文化がありますよね。まだ肌寒くても、桜のつぼみが膨らんできたり、開花している様子を見ると、春を実感するという方も少なくないと思います。 今回はそんな …