映画

【蚤とり侍】原作は小松重男!感想や口コミまとめたよ。

投稿日:

映画「蚤とり侍」。今回はまもなく公開を迎えるこの話題作の原作者に注目。
小松重男さんの作品や評価についてまとめていきます。

 

 

「蚤とり侍」ってどんな小説?

 

 

小松重男先生によって執筆された時代小説のこと。

この小説を原作とする映画「蚤とり侍」は、阿部寛さん扮するエリート藩士・小林寛之進がひょんなことから主君の怒りをかってしまい、蚤とり業すなわち添寝業に身を落とすという波乱万丈のエンターテイメント作品ですが、原作である小説「蚤とり侍」のあらすじは以下の通りになります。

 

「猫の蚤とりになって無様に暮らせ!」主君の逆鱗に触れた長岡藩士・小林寛之進は、猫の蚤とり―実は“淫売夫”に身を落とす。
下賎な生業と考えていた寛之進だが、次第に世に有用な、むしろ崇高な仕事だと確信する。ところが政権が変わり、蚤とり稼業が禁止に。
禁令の撤廃を願い出る寛之進だが…。

引用元:蚤とり侍 (光文社時代小説文庫) | 小松 重男 |本 | 通販 | Amazon

ご覧の通り、映画「蚤とり侍」は原作を忠実に再現した作品のようです。阿部寛さんはいったいどんな蚤取り侍を演じてくれるのでしょうか。

注目の映画「蚤とり侍」の公開日は5月18日(金)となっています。

 

原作者の小松重男さんってどんな人?

昨年惜しくも亡くなられた時代小説及び歴史小説の大家です。

著作はフィクション、ノンフィクションを問わず、ユーモラスで人情溢れる「侍」シリーズや「唐笠一本」のような娯楽作品から、武将・上杉謙信の真実に迫る「迷走大将 上杉謙信」のようなアカデミックな作品まで、とりどりの小説を執筆しておられます。

またとりわけ江戸時代の隠密である御庭番への造詣が深く、「御庭番秘聞」や「幕末遠国奉行の日記 川村修就の生涯」など多数の御庭番に関する著作があります。

映画「蚤とり侍」の封切りをその目で見届けていただけなかったことが非常に残念ですね。

 

原作の評価や感想はどうなっている?

『蚤とり侍』に限らず小松重男作品全般に言えることですが、面白いという方と自分には合わないという方で意見が真っ二つにわかれます。

あまり露出の多い作品群ではないため、レビューや口コミ数も控えめであり、正確な評価を下すのは難しいですが、人を選ぶ小説であることは確かなようです。

とはいえ映画は超豪華キャストということもあり、文句なしに面白そう。原作を読むか読まないかは映画を観てから決めても良いのではないでしょうか。

 

まとめ

・「蚤とり侍」はエリート藩士・小林寛之進がひょんなことから主君の怒りをかってしまい、蚤とり業すなわち添寝業に身を落とすというストーリーの小松重男先生による時代小説

・映画「蚤とり侍」は原作を忠実に再現したエンターテイメント作品

・映画「蚤とり侍」の公開日は5月18日(金)

・小松重男先生は代表作に「侍」シリーズや「唐笠一本」、「迷走大将 上杉謙信」などがある時代小説の大家

・小松重男先生は作品は人を選ぶ作品であることが多い

映画「のみとり侍」公式サイト

小松重男 – Wikipedia

関連記事

【蚤とり侍】映画キャスト一覧!阿部寛に寺島しのぶや豊悦の豪華メンバー

【蚤とり侍】映画感想評価の口コミまとめ!阿部寛の舞台挨拶(口上)サイコー!

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ブリーチ】映画試写会情報まとめ!地域別(東京・大阪・愛知・福岡・北海道)にみてみた

週刊少年ジャンプで連載していた死神バトル漫画『BLEACH』。連載を終えた今も根強い人気を誇る作品が映画化されます。公開に先駆けて試写会の日時、応募方法、申込締切日を東京・大阪・愛知・福岡・北海道の地 …

【ナミヤ雑貨店の奇蹟】試写会応募方法と申し込み期間を確認!舞台挨拶の有無も

日本を代表する小説家東野圭吾さんのベストセラー小説『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が映画化。ここでは映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の試写会応募方法や申し込み期間、舞台挨拶の有無を東京、大阪、名古屋、福岡、北海道でみ …

【曇天に笑う】実写映画のキャストを一覧化!公開日もチェック

大人気コミック『曇天に笑う』が実写映画化となります。『曇天に笑う 外伝』の劇場版アニメ化や『煉獄に笑う』の舞台化が続々と発表され、今ノリにノっている話題作が主演に福士蒼汰さん、監督に本広克行監督を迎え …

ファンタスティックビースト2の公開日いつ?ストーリーやジェイコブ登場の有無も確認

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の公開が決定!あのファンタジー映画の金字塔『ハリーポッター』シリーズの著者J.Kローリングさんが手がけた新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔 …

【キングコング髑髏島の巨神】4DXの感想と映画の評価を見てみた!

こんにちは、コトの壺です。映画『キングコング:髑髏島の巨神』が公開されましたね。初日2日間の観客動員数は25万7000人、興行収入3億9600万と好調な滑り出しとなっています。4DXでの感想や映画の評 …