映画

スターウォーズが人気なのはなぜ?理由をまとめてみた

投稿日:

銀河系を舞台に繰り広げられる壮大なSFストーリー『スター・ウォーズ』。誰もが一度は耳にしたことがあるその映画の第一作目は、今から40年も前になる1977年に製作されており、今もなお新作が製作されてはファンを増やし続けています。

なぜこんなにも根強い人気を誇っているのか。その理由を考察してみました。

 

スポンサーリンク

スター・ウォーズはファンも多い

スター・ウォーズは製作がディズニーということもあり、老若男女問わず、そして国境を越えて誰でも楽しめるテイストを持っているため、世界中にファンが多くいます。

それはシリーズ8作目となる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が公開からたった3週間で全世界の興行収入を10億ドル(約1130億円)突破、したことからも窺うことができます。

また、作品愛を共有したい人たちが集まりファンクラブまで存在しています。公式だけでなく、ファンがファンを呼んでいるというのもファンが多い理由ではないでしょうか。

 

人気の理由を考えてみた

先程も少し触れましたが、スターウォーズ人気の秘密は見る人を選ばない世界観にあると考えます。そしてその世界観を支えているのがなんといっても、個性豊かで魅力あふれる登場キャラクター達です!

作品によって主人公は異なり、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ではレイという女性が主人公になります。

SFとバトルの掛け合わせで女性が主人公というのも珍しく、シリーズものであっても視点が変わり新たな角度から作品を楽しむことができます。

また、現代社会において着目されている女性の社会進出を、女主人公が前線に立ち戦っていくことで表しているようにも見受けられます。

また、かの有名なダース・ベイダーはテーマ音楽が非常に印象的で各所で利用されていたり、敵なのに憎み切れないキャラクター性に心を動かされた人も多いのではないでしょうか。

その他、人以外にもR2-D2やBB-8、C-3POなど一家に一台欲しくなる個性豊かなドロイドの存在がより本作の世界観を広げ、同時にファン層も広げているように感じられます。

 

まとめ

今回はスター・ウォーズの人気の秘密は幅広い層に受け入れられる世界観であり、それを支えているのが個性的で魅力あふれる登場キャラクターと考察しました。

現在も研究が進められている宇宙は、未だに解明されていないことが多くあります。

スター・ウォーズもフィクションではありますが、このような宇宙があるのかもしれないと未知の世界を想像させてくれる作品です。

その未知を勇敢な心と機転で切り開いていく登場人物がいてこそ、スター・ウォーズは見る人の心を惹きつけているのではないでしょうか。

参考:

スター・ウォーズ公式

映画.com

http://news.livedoor.com/article/detail/14105178/

 

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ハリーポッター】リーマスルーピンの声優はレオリオやネフェルタリコブラと同じ人

ハリー・ポッターの中で登場するリーマス・ジョン・ルーピン教授は何年たっても安定の人気を誇っています。シリーズの中でも最も人気の高いキャラクターの一人でもある彼の魅力の一つはその声。声優は郷田ほづみさん …

曇天に笑う外伝が劇場アニメ化!制作のWIT STUDIOって?

劇場版アニメの『曇天に笑う〈外伝〉 ~決別、犲の誓い~』の公開がもう間近。『曇天に笑う』の実写映画化、『煉獄に笑う』の舞台化にもなった話題作。2014年のテレビアニメ化から3年の時を経て、劇場で蘇りま …

【おおかみこどもの雨と雪】声優を一覧にしてみた!放送日や感想もチェック

2012年に大ヒットを記録したアニメーション映画『おおかみこどもの雨と雪』が「金曜ロードSHOW!」に登場します。日本を代表するアニメーション監督、細田守監督作品であり、豪華俳優陣が声優を務めています …

【帝一の國】映画公開日とキャスト一覧!公開期間はいつまで?

学園政権闘争コメディーの漫画が、映画『帝一の國』としてスクリーンに登場します。公開日やいつまで公開されているのかをキャストとともに見ていきます。 野心みなぎる生徒会長に果たしてなれるんでしょうか。菅田 …

【メアリと魔女の花】花の名前は夜間飛行!意味と効果や使い方をチェック

2017年夏映画、スタジオポノック『メアリと魔女の花』の地上波初放送が決まりましたね。 このお話で鍵となるのが釣鐘型の魔女の花。花の名前はいろいろありますが、ゼベディおじさんは「夜間飛行」と呼んでいま …