ハリーポッター 映画

ハリーポッターが人気なのはなぜ?理由をまとめてみた

投稿日:2018年4月26日 更新日:

1997年にイギリスの児童文学作家J.Kローリングさんによって執筆されたファンタジー小説『ハリー・ポッター』。シリーズ一作目となる『ハリー・ポッターと賢者の石』は書籍の発売から4年後に映画化しています。

その圧倒的で爆発的な人気から、シリーズの完結まで書籍のみならず映画化されました。本を読む人口が減っているといわれる現代社会において、なぜハリーポッターはその人気を維持できたのか……。その理由について考察しまとめてみたいと思います!

スポンサーリンク

ハリー・ポッターシリーズの人気は根強い

著者であるJ.Kローリングさんは元から本を書くことを生業としていた方ではありません。しかし、このハリーの物語というのは頭の中で形になっており、何時間もかけて書き上げたのが『ハリー・ポッターと賢者の石』で、ローリングさんのファンタジー小説の処女作でした。

新人作家の書き上げたその本は出版されるなり大ベストセラーとなり、78言語に翻訳され、本来児童文学であったにも関わらず子供だけでなく大人も夢中になって読んでしまうほどの人気になりました。

シリーズ累計部数は、全世界で4億5000万部以上ともいわれています。その人気は本や映画を飛び出し『UNIVERSAL STUDIOUS JAPAN』に『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』というエリアが出来たことからも、世界へ大きく影響を及ぼしたことがわかります。

静山社公式サイト

USJ公式-ハリー・ポッター

 

人気の理由を考えてみた

親戚に冷遇されていたハリーポッターは11歳の誕生日に自分が魔法使いであることを知りその世界へ足を踏み入れる。真実を知り成長しながら、両親を殺した闇の魔法使いヴォルデモート卿と対決する——。

シリーズを通してのハリーポッターの物語は、まさに王道といえるでしょう。しかし、この物語の秀逸さはそこに加えられた日常と非日常の間にいるかのような世界観ではないかと考えます。

魔法を使ったり、箒に乗ったり、架空の生き物と戦うというファンタジーの魅力でもある非現実的な要素だけではなく、駅の柱にある異世界への扉、学校の七不思議のような「動く肖像画」、トイレの花子さんのように住み着く霊など身近に思える要素が多くあります。

想像しやすい世界観は読者をその物語の中へ惹きこみ、感情移入しやすくするためいつしか夢中でエンディングを求めてしまうのではないでしょうか。

 

まとめ

初めは少年だったハリーも展開が進むのと一緒に青年になっていきます。魔法がもたらす規模の大きな困難に、悩みながらも仲間と協力、時として対立し乗り越えていきます。

そんな彼を見ながら、「もしも魔法が使えたら」と誰もが一度は考えたことのある可能性を疑似体験できるような世界観こそが、ハリーポッターが長く愛される理由なのだと思います。

関連記事

ファンタスティックビーストはハリーポッターを知らなくても楽しめる?

ファンタスティックビーストとハリーポッターの関係は?時系列や関連教科書をチェック

ハリーポッター映画の順番を一覧化!タイトル順にまとめてみた 

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

-ハリーポッター, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【帝一の國】漫画全巻の値段と無料試し読みをチェック!感想も見てみた

映画『帝一の國』が公開されますが原作の漫画はもう読まれましたか?全巻で14巻集英社ジャンプコミックスより発売されています。 また、公開に先駆けて、期間限定ですが値段を気にせず、無料試し読みもできるとこ …

スターウォーズ「ローグワン」グッズの種類は?通販も可能?

こんにちは、コトの壺です。新たに発表されたスターウォーズシリーズ『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。ファン待望のスピンオフ作品です。その独特なキャラクターやアイテムなどをモチーフにしたグッ …

no image

『ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生』試写会情報!(東京・大阪・名古屋・札幌・福岡)

ハリーポッターシリーズの著者J.Kローリングさんが手がけた新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。その続編となる『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の映画が2018年 …

【キングコング髑髏島の巨神】4DXの感想と映画の評価を見てみた!

こんにちは、コトの壺です。映画『キングコング:髑髏島の巨神』が公開されましたね。初日2日間の観客動員数は25万7000人、興行収入3億9600万と好調な滑り出しとなっています。4DXでの感想や映画の評 …

【ミスペレグリンと奇妙なこどもたち】吹き替え版声優とキャスト一覧

こんにちは、コトの壺です。ティム・バートン監督映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』の吹き替え声優とキャスト、登場人物について見ていきます。原作はランサム・リグズの『ハヤブサが守る家』になります。 …