生活

桜の塩漬けの作り方!桜の花や葉の種類は決まってるの?

投稿日:

食卓に春の訪れを感じさせてくれる桜の塩漬けですが、案外どうやって作られているのか、知らなかったりしますよね。塩漬けというからには塩に漬けているということは分かりますが、どんな桜の花や葉の種類が用いられているのかなど、結構謎だったりします。

そこで今回は、桜の塩漬けの作り方や使用される桜の種類について調べてみました。

 

 

桜の塩漬けに用いられる桜の種類は?

私たちが桜と聞いて一番に思い浮かべるのは、よく公園などに咲いていて目にすることの多い染井吉野(ソメイヨシノ)ではないでしょうか。

でもこの染井吉野(ソメイヨシノ)は、桜の塩漬けには花も葉も用いられません。

実は塩漬けには、花と葉とで別の桜が使用されているんです。

まず花の塩漬けに用いられるのは八重桜の一種である普賢象(フゲンゾウ)、関山(セキヤマ)という種類が使用されます。

これは八重桜が色が鮮やかで花びらが多くしっかりしていることから、最適とされているようです。

また葉の塩漬けには、大島桜(オオシマザクラ)という品種が使われています。この品種は他のものに比べて葉の表面の産毛が少なく柔らかいこと、そして独特の香りが出やすいという理由から使用されているようです。

 

桜の塩漬けの作り方は?

まず花の場合は、満開ではなく7分咲き程度のものを使用します。よく水洗いしたら、梅酢か米酢、もしくはレモン汁を用意してください。

これは好みのもの、手に入りやすいものでOKですが、レモン汁が桜の色を色鮮やかに保てるようです。

キッチンペーパーでしっかりと桜の水分を取り、器(ジップロックなどでもOK)に桜と適量の酢やレモン汁、桜の重量の4割程度の塩をまぶし入れて重石をして、冷蔵庫で約1週間置きます。

その後水が出ているので絞って水を切り、キッチンペーパーにひとつずつ広げて陰干しします。直射日光が当たらないように注意して下さい。

乾いたら新たに軽く塩を桜にまぶして、完成です。

 

葉の場合は、やはりよく水洗いしてからたっぷりの熱湯にさっと通してください。
そのあとすぐに冷水をくぐらせます。

キッチンペーパーでよく水分を取り除いたら、広げて並べ、塩を振りかけます。
葉、塩、葉、塩というように順に並べていってください。塩の量は葉の重量の約2割~2,5割が目安です。重石をして冷蔵庫へ。3日程度で完成です。

 

まとめ

少ない材料で意外と簡単にできる桜の塩漬け。自家製ならばお手軽にたくさん作ることもできますし、何度か作っていくうちに好みの塩加減、なども決まってくると思います。

春を感じさせる桜の塩漬け、是非今年は自家製にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

桜の塩漬けの春お菓子のレシピをまとめたよ!クッキー・あんぱんなどなど

桜の塩漬けの塩抜きや使い方!おすすめ簡単レシピもご紹介

桜の塩漬けはスーパーで売ってる?どこで購入可能なのかをまとめたよ
 

こちらの記事も読まれています

スポンサーリンク

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴールドキウイと緑のキウイの成分や効果の違いは?ビタミンCに着目

ダイエットにもいいとされる健康食イメージの強いキウイですが、最近では、果肉が従来の緑色でなく、黄色いキウイもよく目にするようになりましたね。他にもいくつか微妙な違いのあるキウイが売られています。ここで …

麦茶・抹茶・ほうじ茶!日本のお茶の種類ってどのくらいあるのか?

こんにちは、コトの壺です。私たち日本人は毎日、何気なくお茶を飲んでいます。コンビ二でもたくさんのお茶が並び、和菓子屋さんやお茶の専門店が出しているような茶屋では本格的なお茶を飲むことできますね。でもど …

ブルーライトメガネでも可愛いおしゃれなブランドを選びたい人へ

こんにちは、コトの壺です。今や日常生活に必要不可欠とも言えるスマホやパソコンですが、その画面からは常にブルーライトが出続けています。強いエネルギーを持つこのブルーライト、最近の研究で長時間浴び続けると …

桜餅の関東と関西との違い!作り方や材料も見てみよう

日本は、東日本と西日本で大きな文化の差があります。芸能や書などに限らず、食文化にもかなりの差があるってこと、ご存知でしたか? よくいわれるのは、お雑煮の違い。東日本は澄まし雑煮、西日本は味噌雑煮なんて …

桜の塩漬けの塩抜きや使い方!おすすめ簡単レシピもご紹介

日本の春を象徴する花といえばまず第一に思い浮かべるのが、桜ではないでしょうか。薄紅色の綺麗な桜が咲き乱れる様子は、何度見ても心奪われるものです。そんな季節を象徴する花を食卓にも取り入れられたら、素敵で …